循環器内科/内科/皮膚科・アレルギー科
東京都文京区関口1丁目21-15

TEL: 03-6280-8234

院長紹介

 
患者さまが豊かな生活を送るために

ご挨拶

岡崎ハートクリニック

患者さまが豊かな生活を送るための手助けになるように努めております。


私は、これまで大学病院の初期研修から臨床のみならず生理学、救急医学や循環器内科の診療30年行って来ました。その間、結核、HIV、インフルエンザのみならず、新型コロナ感染症のパンデミックを経験しております。超高齢化社会の中で心不全は、生活習慣だけでなく、その患者さんの人生に合わせた医療を提供できる時代です。これまでの病院勤務の経験を活かして、また新しいクリニックで心不全治療を継続すべく2021年5月より院長に就任しました。ひとりでは難しい医療も当院では、複数の医師、看護師と連携し、安全で良質な医療を提供することを目指しております。

また、高血圧・糖尿病をはじめとした生活習慣病や心不全の管理・治療を病診・診診連携で地域医療として皆様の健康と生活をサポートしたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

岡崎ハートクリニック

院長 岡崎 修

所属学会・専門医情報

専門分野

循環器内科、不整脈、心臓核医学、高血圧、虚血性心疾患、心不全、肺高血圧

所属学会等

医学博士号、日本内科学会認定医・指導医、日本循環器学会専門医、身障者・難病指定医、日本肺高血圧学会評議員

主な臨床研究・治験

1. J-RHYTHM-II 2. OPC41061(Tolvaptam) 3. RE-LY (Dabigatran) 4. J-ROKET-AF (Rivaroxaban) 5. ENGAGE AF-TIMI 48 (Edoxaban) 6. CHEST(NS304) 7. CHEST-1-2(Riosigat) 8. ELDERCARE-AF 9. DAPPER study

経歴

1982年昭和大学医学部卒業
1982年~昭和大学藤が丘病院 内科〜循環器内科
1986年~東京慈恵医科大学 第二生理学教室
1988年~昭和大学藤が丘病院 救命救急センター助手
1989年~国立療養所中野病院 循環器科技官
1995年~国立国際医療センター 循環器科技官
1997年~米国ユタ大学心臓血管研究所(CVRTI)ポスドク留学
1999年~国立国際医療センター 循環器科・病棟医長/治験管理室次長
2007年~国立国際医療研究センター 循環器内科医長
2021年~岡崎ハートクリニック院長

主な著書

1) 岡崎 修, 田守唯一, 仲佐 保, 木村壮介, 桐野高明:【災害時における循環器診療-どう立ち向かうか-】 治す 震災時の高血圧増悪の予防と治療について 宮城県東松島市の経験から Heart View16巻7号 Page722-729, 2012

2)岡崎 修 心電図による高血圧性心疾患(HHD)の評価、日本医師会雑誌142,S145-S148, 2013 

3) 岡崎 修 高血圧症 臨床の要点 危険因子と臓器障害を何でどこまで 評価するか 9.心臓 高血圧南江堂、内科 2014 

4) 岡崎 修 睡眠時無呼吸症候群と高血圧性臓器不全、 先端医学社 血圧,22, 2015

5) 大⻄勝也、弓野 大 循環器診療プラクティス、メディカ出版、病診連携について病院から212-¬218, 2020

主な論文

1. Okazaki O, Suda N, Hongo K, Konishi M, Kurihara S: Modulation of Ca2+ Transient and Contractile Properties by β-Adrenoceptor Stimulation in Ferret Ventricular Muscle. Journal of Physiology, Vol.423, pp.221-240, 1990

2. Okazaki O, Wei D, Sekiya S, Harumi K: Ventricular Fibrillation induced by Extra-Stimuli on a Three-Dimensional Computer Cardiac Model. J Electrocardiol. Vol.25, p112, 1993 

3. Okazaki O, Wei D, Sekiya S, Tsutsumi T, Mashima S, Harumi K: Conduction Velocity as a Factor in the Induction of VF in an Anisotropic Computer Model. Jap Heart J Vol.35, pp267-268, 1994

4. Okazaki O, Yamauchi Y, Kashida M, Izumo K, Akatsuka N, Ohnishi S, Shoda M, Nirei T, Kasanuki H, Ebato M, Mashima S, Harumi K, Wei D: Possible mechanism of ECG features in patients with idiopathic ventricular fibrillation studied by heart model and computer simulation. J Electrocardiol. Vol.30. pp.98-104, 1998 

5. Okazaki O, Wei D, Harumi K.: A simulation study of Torsade de Pointes with M cells. J Electrocardiol. Vol.3l, pp.145-151, 1998

6. Okazaki O, Lux RL Paradoxical QRST integral changes with ventricular repolarization dispersion. J Electrocardiol. 1999;32 Suppl:60- 

7. Okazaki O, Higashino Y, Okumura K, Yamashita T: Prognostic outcomes of heart failure patients by B-type natriuretic peptide stratification: A substudy of ELDERCARE-AF, (in press) 

最近の業績リスト(英文論文)

1) Ito K, Okazaki O,Morooka M, Kubota K, Minamimoto R, Hiroe M.: Visual findings of (18)F-fluorodeoxyglucose positron emissiontomography/ computed tomography in patients with cardiac sarcoidosis. Intern Med. 53:2041-9, 2014 

2) Minamimoto R, Kubota K, Ishii K, MorookaM, Okasaki M, Miyata Y, Nakajima K, Sato T, Igari T, Hirai R, Okazaki O.: Re-evaluatingthe potentials and limitations of (99m)Tc-aprotinin scintigraphy for amyloidimaging.: Am J Nucl Med Mol Imaging. 3:261-71 2013

3) Minamimoto R, Morooka M, Miyata Y, Ito K, Okasaki M, Hara H, Okazaki O,Moroi M, Kubota K. Incidental focal FDG uptake in heart is a lighthouse forconsidering cardiac screening.: Ann Nucl Med 27:572-80, 2013 

4) Murakami H, Akashi H, Noda S, Mizoue T, Okazaki O, Ouchi Y, Okaji Y, KajiwaraC, Miyoshi C. : A cross-sectional survey of blood pressure of a coastal city'sresident victims of the 2011 Tohoku tsunami.: Am J Hypertens. 26:799-807, 2013

5) Zhu X, Wei D,Okazaki O.: Computer simulation of clinical electrophysiological study Pacing Clin Electrophysiol. 35:718-29,2012

6) Minamimoto R, Morooka M, Kubota K, Ito K, Masuda-Miyata Y, Mitsumoto T, Hirai R, Okazaki O, Hiroe M. : Value of FDG-PET/CT using unfractionated heparin for managing primary cardiac lymphomaand several key findings. J Nucl Cardiol. 18:516-20, 2011 

7) Okumura K, Akao M, Yoshida T, Kawata M, Okazaki O, Akashi S, Eshima K, Tanizawa K, Fukuzawa M, Hayashi T, Akishita M, Lip GYH, Yamashita T; ELDERCARE-AF Committees and Investigators. Low-Dose Edoxaban in Very Elderly Patients with Atrial Fibrillation. 

N Engl J Med. Oct 29;383(18):1735-1745. 2020

8) Kario K, Hoshide S, Mizuno H, Kabutoya T, Nishizawa M, Yoshida T, Fujita Y, Okazaki O, Yano Y, Tomitani N, Kanegae H: Nighttime Blood Pressure Phenotype and Cardiovascur Prognosis, Practitioner-Based Nationawide JAMP Study. Circulation 142:1810–1820, 2020